FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前映画感想…悪魔のサンタクロース/悪魔のサンタクロース2 / かんなぎ

悪魔のサンタクロース
1984/アメリカ  監督:チャールズ・E・セリアー・Jr

クリスマス前に見ました。時季モノという事で…
クリスマスイヴ、目の前でサンタに仮装した強盗に両親を惨殺された主人公。
心に深いトラウマを負った彼が預けられた孤児院のシスターは、教義にのみ
忠実で、彼の心の傷と向き合うことをせず、ただ只管厳格な教育によって
彼を矯正しようとする。
数年後、彼は一見心身ともに真っ直ぐな青年へと成長したかに見えたが…

分類的にはサイコホラー。役者の演技もフィルムのテンポも微妙なので
素直に面白い作品ではないんだけど、物語の構造がわかりやすいお陰で
見てる分に苦痛な映画ではなかった。クリスマス当日に見れば適度に悪い気分に
なれる映画じゃないかなー、と。
残酷シーンが一々13日の金曜日だったりランボーだったりするのはむしろ
笑うところと解釈しよう。うん。

---

悪魔のサンタクロース2
1987/アメリカ  監督:リー・ハリー

続きという事で、同日に鑑賞。
前作の主人公の弟(強盗殺人時はまだ赤ん坊)が主人公。
…なんだけど、まさか全体の半分を丸々前作のダイジェストを見せられるハメに
なるとは…リー・ハリー、恐ろしい子ッッッ!!!
日本じゃ劇場公開されてないらしいけど、これ劇場に見に行った人は激怒するんじゃ
ないだろうか…

前作の兄の悲劇を近くで見ていた弟は、適度に問題のある人物に成長しておりました。
そして何故かマッチョ。ヴァン・ダムの出来損ない見たいなマッチョに急成長。
…で、このマッチョマンが色々あって気に入らないヤツを片っ端から殺していくという、
解り易いにも程がある内容。続けて見るから劣化具合がまた凄い。
その上役者の演技が冗談かと思うほど微妙なもんだから…絶対体つきだけで配役決めてるし。
残酷シーンに関しては、傘で突く→貫通→傘が開く→犠牲者倒れる→血で真っ赤になった傘が開く
→唐突に雨が降り始めるという、どういう顔で笑っていいのか本気で悩む展開に始まって、
車のバッテリーにつないで電圧上昇→感電死やら拳銃で走ってくる車を撃って爆発炎上という
確信犯なんだか天然なんだかわからないおもしろシーン目白押し。本当に何なんだこれ(笑

続き物でその上監督が変わった映画で成功するのは難しいよなあ…
…もとの映画が成功したとは言い難い映画だから仕方ないのかもしれないけど。

---

かんなぎ  最終話「仁、デレる」
元のサヤに収まるという話。
…なんだけど。

完全つぐみ派の私としては声を上げざるを得ない!!
可哀想すぎんだろいくらなんでも!!!!!
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

プロフィール

たびがらす

Author:たびがらす
ノーパンツノーライフ。
連絡はham16730■rio.odn.ne.jp
(■→@でお願いします)
仕事のお誘いとか嬉しいです。

CARYO
絵  : たびがらす
文章 : 雪斑貴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。