FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝る前映画感想…ザ・チャイルド

ザ・チャイルド
1976/スペイン  監督:ナルシソ・イバニエス・セラドール

偶にはまともな映画の感想も書かなきゃという事で。今日はオススメ映画。
…メジャーすぎて面白みがないかもしれないとかは考えないっ。

学者夫婦がリゾートに訪れた小島。
そこには何故か大人の姿はなく、いるのは子供ばかり。
不審がる夫婦の前に現れた男は、島の子供たちがある日を境に突
然大人を襲い始めたことを告げる…

ゾンビでもなければチェーンソーのサイコパスでもない、出てくるのは子供。
何十人、何百人もの子供。
それが寄ってたかって主人公夫婦を殺しに来るという、まあ根性というか
やり口の怖い映画。今の時勢じゃとてもじゃないが撮れないんじゃなかろうか。
で、この子供という舞台装置は=「恐怖対象に反撃しづらい」という実に面白い
機能も備えているもんだから、見ている側の息詰まり感が半端じゃない。
にくったらしくても、相手は子供。殺せないのだ。
演出も秀逸で、過度な演出や展開を抑え、あくまで人間に襲われているという
シチュエーションを重視した作りが何とも手応えのあるフィルム。
ラストまでまったく、一切、視聴者に開放感を与えないという展開は、真面目なホラーの
鑑というべき作りと言い切れる。
後に残るのは不快感と閉塞感。だが、ホラーとはそもそもそれを味わう為のもの。
徹底したホラーもまた、エンターテイメントなのだ。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

寝る前映画感想…31km / 機動戦士ガンダムOO

31km
2006/スペイン メキシコ  監督:リゴベルト・カスタニーダ

備考・配給がアルバトロス。
つまり「そういう事」を期待して借りた映画だったんだけど…
なんつうか、凄い肩透かしを食らった気分。
というのもこの映画、上質ではないものの映像にこだわりのある造りで、
見てて普通に飽きない。深夜にTVでやってたら確実に最後まで見ちゃうレベル。
話の筋書きはまあよくある心霊モノなんだけど、演出にも適度に抑制が効いてて、
「悪乗りで作りました!」感を感じさせない真面目なフィルムだった。
…だからといって高評価ってわけでもないんだけどね。
ラストの後味悪さもいい塩梅で、アルバトロスにあるまじき普通の映画だった。
つうか最近どうしたんだアホウドリ、なんか時々まともな映画があるぞ?
悪いモンでも食ったんだろうか…

---

機動戦士ガンダムOO  第13話 「メメントモリ攻略戦」

ソレスタル・ビーイングによる衛星軌道兵器の破壊ミッション。
冒頭の刹那の単騎駆けに始まるメカバトルに、久々に力強いガンダムマイスター
の活躍を期待せずにはおれない展開。
ダブルオーライザーで縦横無尽に戦場を駆け、イノベーターを圧倒する様は、
今シーズン序盤の防戦一方の展開を払拭する爽快さで素晴らしい見応え。
やはりガンダムマイスターは守るより強く攻める姿がカッコイイ。
そして衛星兵器への直接攻撃ではトレミーと他三人のマイスター達の活躍。
ノってきたスメラギさん、ちゃんと働いてるマリー、肝が据わってますます頼り甲斐のある
ティエリア、シールドビットがとうとう発動&兄貴に負けない狙撃のロックオン…
いやあ、実に見応えがあった。さようなら、悪のジュドー!

…誰か忘れてる気もするけど、まあいいや。
よくねえよ。
働けサジ! ゲロまみれになってでもせっちゃんの背中についていきなさいよ!!
あとアレルヤ!
…お前はもうなんかそのままでもいいや。

寝る前映画感想…悪魔のサンタクロース/悪魔のサンタクロース2 / かんなぎ

悪魔のサンタクロース
1984/アメリカ  監督:チャールズ・E・セリアー・Jr

クリスマス前に見ました。時季モノという事で…
クリスマスイヴ、目の前でサンタに仮装した強盗に両親を惨殺された主人公。
心に深いトラウマを負った彼が預けられた孤児院のシスターは、教義にのみ
忠実で、彼の心の傷と向き合うことをせず、ただ只管厳格な教育によって
彼を矯正しようとする。
数年後、彼は一見心身ともに真っ直ぐな青年へと成長したかに見えたが…

分類的にはサイコホラー。役者の演技もフィルムのテンポも微妙なので
素直に面白い作品ではないんだけど、物語の構造がわかりやすいお陰で
見てる分に苦痛な映画ではなかった。クリスマス当日に見れば適度に悪い気分に
なれる映画じゃないかなー、と。
残酷シーンが一々13日の金曜日だったりランボーだったりするのはむしろ
笑うところと解釈しよう。うん。

---

悪魔のサンタクロース2
1987/アメリカ  監督:リー・ハリー

続きという事で、同日に鑑賞。
前作の主人公の弟(強盗殺人時はまだ赤ん坊)が主人公。
…なんだけど、まさか全体の半分を丸々前作のダイジェストを見せられるハメに
なるとは…リー・ハリー、恐ろしい子ッッッ!!!
日本じゃ劇場公開されてないらしいけど、これ劇場に見に行った人は激怒するんじゃ
ないだろうか…

前作の兄の悲劇を近くで見ていた弟は、適度に問題のある人物に成長しておりました。
そして何故かマッチョ。ヴァン・ダムの出来損ない見たいなマッチョに急成長。
…で、このマッチョマンが色々あって気に入らないヤツを片っ端から殺していくという、
解り易いにも程がある内容。続けて見るから劣化具合がまた凄い。
その上役者の演技が冗談かと思うほど微妙なもんだから…絶対体つきだけで配役決めてるし。
残酷シーンに関しては、傘で突く→貫通→傘が開く→犠牲者倒れる→血で真っ赤になった傘が開く
→唐突に雨が降り始めるという、どういう顔で笑っていいのか本気で悩む展開に始まって、
車のバッテリーにつないで電圧上昇→感電死やら拳銃で走ってくる車を撃って爆発炎上という
確信犯なんだか天然なんだかわからないおもしろシーン目白押し。本当に何なんだこれ(笑

続き物でその上監督が変わった映画で成功するのは難しいよなあ…
…もとの映画が成功したとは言い難い映画だから仕方ないのかもしれないけど。

---

かんなぎ  最終話「仁、デレる」
元のサヤに収まるという話。
…なんだけど。

完全つぐみ派の私としては声を上げざるを得ない!!
可哀想すぎんだろいくらなんでも!!!!!

フブキキター

フブキ1
ウチにもお迎えしましたフブキさん。
正直注文したときは義務感しかなかったんだけど、なんだこれ!
凄ぇいい出来でびっくりだ!
スペーサーも塗装とかどんだけ気合入ってんだー
顔の造りも標準以上、というか最上級の出来で、今年最後の良い神姫になりました。

フブキ2
実に忍者っぽい。脚のお陰でかなりデカい印象。
騎士子や武者子みたいな規模のセットもやってくれないかなあ…
ライトアーマー/ミドルアーマー/ヘヴィアーマーみたいに区分けしてさあ

寝る前映画感想…悪魔の毒々バーガー

悪魔の毒々バーガー
2006/アメリカ カナダ  監督:ジョン・カランギス

「ゾンビ」と「悪魔のいけにえ」の超絶合体!! 勝った!!!
…前やったな、これ。

えーと、まあそういう映画です。色々と複雑な家庭事情の主人公たちが、
親睦を深めようと(嫌々)出向いたバカンスの道すがら。
休憩のために立ち寄ったド田舎のドライブスルーで出されたハンバーグを食った
周囲の客がゾンビになって…という、わかりやすーい内容。
諸悪の根源はドライブスルーのレストランが地元の牧場から仕入れている牛肉。
危険な成長ホルモンやら何やらで薬漬けの牛肉は、なんとミンチにしても暴れまわる
パワフルな肉になってしまったのだーのだーのだー!!
あるぇ……牛のゾンビが出てくる映画見たぞ、ちょっと前に(笑)

アメリカの食肉事情を痛烈に皮肉るかと思いきや、ただのドロドログチャグチャ
(…予算的にそこまで派手じゃないんだけど)にしてしまう台無しさが実にダメ映画。
どんなにロメロが高尚で痛烈な皮肉をゾンビ映画に込めようとも、理解できない人が
見ちゃうとそれはただのドロドローデロデローゾンビーな映画でしかない。
そういう意味では余計な肉をそぎ落としたシンプルな内容と言える。食肉だけに。
上手いねこりゃ。
…そうでもないか。

結構コメディ路線も意識してるとは思うんだけど、役者が下手で音楽ショボショボで
なによりテンポが悪いので、これまた見事に微妙。
実に典型的なおバカホラー(色んな意味で)でありました。

寝る前映画感想…デスマスク / とらドラ!

デスマスク
2006/アメリカ  監督:ジェシー・バジェット

別に巨蟹宮のあの人じゃありません。かなピー!
レイ・ミステリオが主演という、もうそれだけが売りなの丸解りのホラー。
まあ日本で言えば三沢光晴が主演でホラー撮るようなもんです。
このテの映画はほぼ確実にダメなのが魅力。
なので最初からそういう意味での完成度はまったく期待してません。

ポルノビデオの撮影チームが迷い込んだメキシコの廃村、そこには
メキシコ政府がオリンピックのために改造した伝説の覆面レスラーが潜んでいた!
…なんか書いてて頭痛くなってくるけど本当にこういうあらすじだから困る。
伝説のレスラーは基本マスク剥ぎデスマッチ所望なので、登場人物は
片っ端から顔の生皮剥がされます。ガチです。セメントです。
しかも本人もマスク剥がれると負けらしい。さすがオリンピックを目指していただけあって
ルールには厳格な模様。どうでもいいけど。

別分テンポが悪いわけでもなく、尺も短めなのでまあ後腐れないポンチ映画だった。
悪くない。


とらドラ!  13話「大橋高校文化祭【後編】」
大河とおとん編その3.
と、いいつつも、おとんまったく出て来なかった。
無自覚に距離を縮めていく竜児と、狭まる距離に対して自立を自覚していく大河。
いやあ、青春ですなあ、乙女ですなあ!
実乃梨にも亜美にもいい出番があったのに、それを見過ごしてしまうほどに
竜児と大河なエピソードだった。

寝る前映画感想… 殺人遊園地

殺人遊園地
2006/アメリカ  監督:クレイグ・シンガー

遊園地のお化け屋敷と悪魔のいけにえの超合体! 勝った!!!
…実際この説明だけでだいたいのあらすじと頭の悪さが説明できてしまうので困る。
けどホラーなんてほとんどそんなもんだから自分で書いてて今更だわなあ。

適度に頭の緩いにーちゃんねーちゃん達が、昔猟奇殺人があったという
遊園地跡に遊びに行ったら、そこにはダークライドマンなる例の殺人鬼が実際に
住んでいておぎゃー!!!てな具合。
ダークライドマンが最初はえらい大男的な撮影のされ方をしてたんだけど、だんだん
どうでも良くなってきたのか、はたまたやる気が失せてきたのか、大きさの表現が
出てくるたびにいい加減になっていくのが結構ツボだった。

オチも充分予想範囲内で、まあ安心して見れるホラーだったという事で…

寝る前映画感想… カタコンベ

カタコンベ
2007/アメリカ  監督:トム・コーカー デビッド・エリオット

製作がソウシリーズのグレッグ・ホフマン。この映画を撮影中に怪死したとか何とか。
…ただの病死を話しデカくしたいだけなんじゃ(ry

なんか大層な名前が付いているので亡霊モノとかゾンビモノとか想像してしまいますが、
どうやら違う雰囲気。
「暗いのが怖い」という可愛らしいコンプレックスを持つ主人公が、パリにいる姉に呼ばれて
連れて行かれたのは、地下に広がる広大なカタコンベ繰り広げられている乱痴気騒ぎ。
主人公はそこで、カタコンベに住んでると言われる恐ろしい邪教の申し子の話を
無理矢理聞かされて内心ビクビクしてたんだけど、そこに本当にその恐ろしい男が…
という、まあどっちかというと悪魔のいけにえ的展開。
最近多い、暗い画面とぶれまくるカメラを利用して恐怖と不安感を誘うお決まりのカメラワークで
描かれていくんですが、まあその辺は実にフツーの映画。つうか食い足りないくらい。

…なんですが。

ラストのオチがあまりにもアレすぎてそういうの正直どうでも良くなってしまいます。
「やっちゃったか!!」って感じ。
このオチにOK出しただけでもエライと思う(笑
「ハイテンション」とか「血の魔術師」とか許せる人ならニヤニヤしながら変な気分で
見終えることが出来るでしょう。
…許せない人は血管ブチ切れるんじゃなかろうか。とりあえず大らかに生きてくれ。
つうかホラー見るの止めたほうが(ry

僕?
僕はニヤニヤしながら最後まで見てましたw
実は最初の方で「まさかなあ」とオチが読めちゃったりして…

虹彩異色

リザエル1
イントルーダー・ラルカの時にイメージとして描いたリザエル。
いかにも過ぎてどうかなあと思った時期もあったんだけど、
オリジナルでゲームを回し始めてからはお気に入り。
サークルの方の常連さんからも愛されていて何よりです。

オッドアイの理由を語る機会が来るのか来ないのか…

中庸
もう一枚、「ラルカ」のイメージラフから「中庸」。
実は最後の最後まで出すかどうか悩んだ子。

以前「異界学園」というauの有料コンテンツで小説の様なものを
書かせてもらっていたんですが、それが色々とあって結構消化不良の
終わり方だったので、せめて登場したキャラクター
(当然、権利的に「別人」という設定ではあるのだけれども)
を使えないかと悩んで、結局出すことにした子です。
…わかる人はわかる、かもしれない。
…わからないかもしれない(泣
この子は今後もちょくちょく出す予定。せっかく「中庸」なんて名前をつけたので、
オリジナルキャラのタロット割り当てでもしてみようかしらん。

寝る前映画感想… クジョー / 機動戦士ガンダムOO

クジョー
1983/アメリカ  監督:ルイス・テイーグ  原作:スティーヴン・キング

キング原作のホラーは酷い作品が多い、というか、ほとんど酷いというのが私観。
というのも、この人の小説はたぶん映像に向いてない。
というか、小説ホラーってジャンル自体が実は相当映像に向いていない。
文字って言うのは結構複雑なのだ。

なわけだから、ギミックが単純になれば単純になるほど見やすく、そして怖くなるのは
必然というもので、この映画にはホテルに住み着いた悪霊は出て来ないし、
ピエロも超能力少女も現れない。
出てくるのは狂犬病の犬。しかもバカでかいセントバーナード。

整備不良で動かない車の中に取り残された母子が、狂犬病の犬にひたすら襲われると
いうプロットは某有名映画によく似てる気がするけど気のせいでしょう。
パニックホラーの最低条件、「限られた空間」「限られた条件」「極限状態」をちゃんと
備えているので、多少の荒はあっても見やすい映画。いやあ、怖かった。

…なんでこんなに長々書いてるかというと、何を隠そう、僕はガキの頃、
この映画を見たせいで犬恐怖症になってしまったのだ。というわけで二度目なのでした。
トラウマ穿り返すのは楽しいなぁ!!

---

機動戦士ガンダムOO 12話「宇宙で待ってる」

サジとルイスが第一期全部を使って貼った伏線をようやく回収し始めました。
長いっつうか贅沢な尺の使い方だよなあ(笑
「普通の人」であるサジが個人的にカツよりアホの子に見えないのは、
第一期で二人の関係をちゃんと描写していたから+サジの素直さによるものではなかろうか。
…あのままオーライザーかっぱらったらそれはそれで面白かったんだけど。
あとはチャイナがアムロにぶん殴られたりとか刹那がサジにぶん殴られたりとか。
皆珍しく手が出てる回だたね。…白鳥哲だけは腕捻られかけてたけど。

ようやくガンダムチームも戦力的に充実してきて、強いソレスタルビーイングが見れそう。
GNアーチャーが完全に忘れ去られてる気がするけど気にしない。

寝る前映画感想… ディセントX

ディセントX
2006/アメリカ  監督:ダレル・ルート

ディセント(2006/イギリス 監督:ニール・マーシャル)が大変面白い映画だったので
タイトルが同じとあればレンタルせんわけにもいくまいという事で。

なんじゃこりゃあぁぁあぁぁッッッッッッ!!!!(飛び上がって)

全然関係ねえ映画じゃねえか!!
ゾンビ2みたいなもんだよ!! フルチのじじいか貴様は!!!
ああもうこういう事があるからホラーはまったく!!
(けっこう喜んでいる)

本家の方とは比べるべくもないチープなつくりで極上のC級以下ですた。

寝る前映画感想… フィースト

フィースト
2006/アメリカ  監督:ジョン・ギャラガー
製作にマット・デイモンが加わっているという凄いんだか凄くないんだかよく解らん映画。
脚本はソウ4のパトリック・メルトン。もう見る前から微妙臭くて実に俺に良し。
舞台がテキサスのド田舎のバーって時点でもうアレなのに、出てくるモンスターが
必要以上に正体不明で、しかもなんかちょっとギーガーチック。ああもうタマランですばい!
どれだけ映像が綺麗になろうが演出凝ろうが、隠しようもなくB級以下ホラーの血統ですた。
登場人物のクセの強さがもっと振り切ってたらいい映画に化けたんじゃないか、という
残念感もまた美味し。

テンポは良くて退屈しなかったので、そういう意味では良質のエンタメ映画でした。
後に何の感慨もないってのはこのテの映画にとっては美徳と言える。

寝る前映画感想… 正体不明 THEM

正体不明 THEM
2008/フランス・ルーマニア  監督:ダヴィッド・モロー ザヴィェ・バリュ
最近の作品。プロデューサーが「ジェヴォーダンの獣」のリシャール・グランピエール。
ルーマニアで起こった実話を元に…という触れ込み。本当かどうかは知りません。
もう出だし五分が結構来るものがあっていい意味で笑ってしまった。
片田舎に引っ越してきた夫婦の屋敷をタイトルどおり正体不明の「何か」が襲うという
内容なんだけど、これがまあ怖い。基本びっくり箱展開ではあるんだけど、
襲ってくるのが「何か」がまったくわからないというだけで緊張感が違います。

…なもんだから、途中からは正直ダレちゃった。
こういうのは正体バラすといかんよなあ。最後まで伏せてた方が
恐ろしい映画だったんじゃなかろうか。

ストラーフ・カリギュラ

ストラーフ・カリギュラ1
先日の脚部強化黒子の完全型。
あくまで腕は一対で収めるのがテーマ。
ショルダーアーマーのカッターは全部防御用のイメージ。
ディフェンスロッドみたいなもんです。

ストラーフ・カリギュラ2
脚はでかいハサミみたいな感じ。
相手に食いつきます。

人型

アサドバルダ
某掲示板の某スレに流したロボ絵。
マッチョな体型が好みなんですたい。

寝る前映画感想…悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲/ とらドラ!

悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲
1989/アメリカ  監督:ジェフ・バー

見るの通算2回目。一回目の時はビデオ。もう何年前だか覚えてない。
正直二度は見ないだろうと思ってたんだけど、もう見たの何年も前だし、
加えてDVD版ということで再度レンタル。
ケン・フォリーのリスペクト映画だと思えばなんか非常に面白い
映画なんじゃないかと思えてきた。アクション映画だねこりゃ。
アクションだと割り切ればレザーフェイスのデコチェーンソー(笑)も説得力
あるわけで、悪役として充分に活躍してるように見えるから不思議だ。
DVD版の特典って事でドキュメンタリーなんかも収録されててなかなか良かった。
間をおいて見てみるもんだよなあ。
【追記 12/19】
ヴィゴ・モーテンセンファンが「見てがっかりした」とかどんだけだよ!!
何を求めてるんだまったく

とらドラ!  12話「大橋高校文化祭【中編】」
大河とおとん編その2.
実乃梨と竜児の亀裂を描くエピソードと見せかけて実は亜美を
掘り下げるというアクロバティックな話だったなあ。
竜児には良いようにも悪いようにも振舞わない亜美のラフなスタイルと、
それを悪く思ってない竜児の態度が大変青春しててよろしかった。
実際のところ竜児には亜美が一番似合う気がするから困る。
まあ大河の婿だけど。


カスタムアーンヴァル

アーンヴァル・DDイントルーダー
白子も当然好きなのでカスタム白子。
どう見てもディープストラ(ry
ロケットの爆発的推力で強襲・離脱を敢行するイメージ。
白子は重装も軽装も似合うから好きだ

---

ちょっと企画の方がまとまってきたので
ボチボチ書きはじめるかなー、てな塩梅。
どのくらいの規模の作品にするか考えながら書かないと
前みたく小説二冊分とかワケ解らん量書いてしまうので気をつけんと。

寝る前映画感想…ファニーゲーム

ファニーゲーム
1997/オーストリア  監督:ミヒャエル・ハネケ

前々から見たかったんだけど近所のレンタルに置いてなくて
先日ようやく発見。ビデオテープなのが良い。
やっぱホラーはテープだよなあ。

悪い評判を聞かない映画だけあって面白かった。
二人組の狂気がじわじわと滲み出してくるような演出、取り残された
家族の絶望感が、過剰な描写をあえて抑えたり、BGMをほとんど
(というか一切)使わない演出でより一層際立っていた。
アルノ・フリッシュの淡々とした演技がまた不気味でなー。
子供が射殺された後の長間も気味悪くって良かった。
演技とは思えない迫真の泣き声と嗚咽が、悲しいんじゃなくて怖く
聞こえてしまうから凄い。

ただ、さすがに最後のメタ表現は好き嫌いわかれると思う。
あんまりにも唐突だったので僕はちょっと乗り切れなかったかな…
まあでもああいうのがいいって人もいるのはわかるので、悪印象って
ほどでもなかったかも。

神姫大好き

Front Line悪魔娘一家
今更なんですけど神姫ファンでして。
御多分に洩れず黒子贔屓。
可愛いよなあストラーフ&ヴァローナ。

こういうブロックトイに今更ハマるとも思ってなかったので
ここ二年程のホビーライフは充実してます。
玩具屋行っても自然と商品を見る目が「パーツを流用できるか否か」
てな具合ですよ。

----

ライトアーマーシリーズがリリースされる一方で、従来のシリーズは
高額化が顕著ですなあ。
個人的には多少ボリュームを抑えても3?4000円の価格帯を維持して
くれた方が嬉しいんですが…複数買いするにしても判断し易いし。
大型化や多機能化はユーザー側の発想に任せてくれよ! なんてね。
そういう意味でも第一弾の黒子白子はよく出来た商品だと思うんだよなー。

あとは武器セットを止めないで欲しい…無理にキャラとして成立させなくても、
本当に武器と拡張パーツだけの武器セットみたいな感じで続けてくれないかなぁ。
プロフィール

たびがらす

Author:たびがらす
ノーパンツノーライフ。
連絡はham16730■rio.odn.ne.jp
(■→@でお願いします)
仕事のお誘いとか嬉しいです。

CARYO
絵  : たびがらす
文章 : 雪斑貴

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。